中国の酷すぎるカンフーサッカーにジョン・カビラがキレる

ハイライトなどでは取り上げられないようなサッカーの動画を上げています。
よろしければチャンネル登録、Twitterフォローよろしくお願いします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【Twitter】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【おすすめ動画】
闘莉王さぁんがジョンカビラに責められる動画

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【監督・選手・スポーツ紙コメント】
リー・ティエ監督「選手たちに言ったのは、ピッチ上で暴力は許されないということ。ジャン・ジーポンには試合後に話を聞いたが、彼は『相手が見えておらず、ボールを止めようとしたら起こってしまった』と言っていた。私はクラブチームを率いていた時、退場や警告はとても少なかった。それが私のスタイルだ」

中国全国スポーツ紙『新浪体育』
「中国は立ち上がりから、まるで守備にフォーカスできていなかった。自陣でのパスミスなど目を覆いたくなるプレーが頻発し、日本の選手に対するラフプレーも横行。とりわけ(31分に)ジャン・ジーポンが橋岡大樹の頭にフライングキックをお見舞いしたのはあるまじき行為であり、VARを見るまでもなく即退場のファウルだ。これを警告にとどめた主審はその後に明らかな日本のPKも見逃しており、本当なら中国は前半で引導を渡されていたはずだった。よって、惜敗などではない。お粗末なジャッジに助けられ、最終的に1点差という接戦を演じられたに過ぎない」

試合後のインタビューでジャン・ジーポンは「意図的に相手を傷つけるつもりはなかった。リプレイを見れば、僕の方が最初にボールに触り、直接彼を蹴ったのではなく、彼の頭が僕の足に当たったことがわかる」と釈明しながらも「今後はこのようなプレーに気をつけたい」とコメント。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191211-00352455-footballc-socc

Follow me!

最新情報をチェックしよう!
PAGE TOP